血栓の予防には

血栓の予防には

血栓とは、血管内の血液が固まってしまい、血液の流れに障害が起こってしまものです。

近年では、中年から年配にかけての方達が、この血栓になり易くなっていると言えます。

これはなぜかというと、年を取るに連れ、ますます体の代謝が鈍くなり、血液の流れも悪くなってしまうからです。

若い方の血液は鮮やかで綺麗でも、お年寄りの血液は、ドロドロで、血栓ができている場合もありますし、もしくは血栓のできる一歩手前となっている事も考えられます。

予防には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

まず、水分を豊富に摂取する事です。

水分は、血栓の予防に欠かせません。

水分をこまめに摂る事で、血液の流れもスムーズになっていきます。

年をとるにつれ、血液の流れは悪くなり、濁ってき易くなってしまうので、ご年配の方は、更に水分摂取に努めなければなりません。

普段から水分を摂取していない人は、いきなり始めるのもきついと思うので、徐々に慣らしていくといいでしょう。

血栓予防には運動も大事

ご存知でしたか?血栓の予防には、運動も大事になってくるのです。

勿論、血栓の予防には水分も欠かせませんが、普段から運動をしていると、より、血液の流れや良くなります。

運動をあまりせず、普段からじっとしている生活が続いている方こそ、血栓になり易いと考えられます。

特に年をとるにつれ、運動する習慣もなくなってきます。

年を重ねてきたからこそ、運動する機会を増やさなければいけないのではないでしょうか。

余裕のある方は、お仕事ではない日に、ジョギングやマラソンなどやってみてはいかがでしょうか。

また、ジムに通うのも有効的でしょう。

運動を日々の生活に取り入れ、常に血液サラサラの状態にしておく事が大切です。

大切な血栓の予防

デスクワークなど、机にずっと座ったままで、パソコン操作ばかりしている人は、血液の流れが滞り易いと言えます。

このような場合でも、足首を回してみるなど、こまめに足の運動を取り入れる事も効果的です。

まずは、小さなところから、運動を始めてみるのもお勧めです。